メニュー

わき汗治療

わき(ワキ)汗・多汗症に困っていませんか?

汗ばむ季節になり、汗の量が多くて衣服に汗じみができる。あるいは、わきの汗がしみ出して洋服や制服がすぐに濡れる。1日に何回も着替えが必要になる。わき汗で人の目が気になるような悩みはありませんか。日本人の7人に1人は、汗が多いことが原因でなんらかの支障があることがわかっています。多汗症は本人が困っていれば診療の対象になる病気です。しかし、このことを知らずに治療を受けていない人がとても多いといわれています。

重症のわき汗が保険適用になりました

わき汗(多汗症)は、2010年に診断の基準や治療が示されたガイドラインが作成されて、治療が行われるようになっています。また、2012年11月には、重症のわきの多汗症(重度原発性腋窩多汗症)に対して、ボツリヌス療法が保険適用になりました。ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出したたんぱく質を精製し、薬にしたものをわきの下に注射する治療法。交感神経から汗腺へと伝わる刺激を遮断して発汗を抑えます。重症の場合は、ボツリヌス療法で9割以上が改善します。効果は平均すると約半年続くので、夏の前に年1回注射する患者さんが多いです。

これまでに、治療のため多額の出費がある方は、よしどめ内科・神経内科クリニックにご気軽にご相談ください。

治療の流れ

  • 事前に電話で相談・来院日の予約
  • 前日に、ワキの毛を剃ってください
  • 治療当日 ノースリーブの洋服で来院されてください。

 麻酔クリームで皮膚表面麻酔をいたします。片側のワキあたり15~20カ所にマークをつけて注射します。これまで治療の前例からみて、院長はかなり丁寧に注射をしますので、治療は片方10~15分程度です。治療後冷罨法をしますので、全体で約2時間の時間が必要です。

費用 保険適用の場合 ボトックス100単位  約26,000円

院長より

ワキ汗でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

連絡先

よしどめ内科・神経内科クリニック

870-0818

大分市新春日町1丁目1番29号 はたの薬局2F

電話 097―540-7171

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME