メニュー

ブログ

パラリンピックが終わって(2021.09.06更新)

昨日、パラリンピックが終わりました。

開幕式をみて、物語とメッセージの一貫性に感心し見入ってしまい、いままで興味のなかったパラリンピックをみるきっかけとなりました。前回のリオ、それ以前も開催されていましたが、テレビで見ることはありませんでした。放映されていたのでしょうか?今回は日本で開催されたのでオリンピックまでとはなりませんでしたが、多く放映されたので、目を凝らしてみました。パラリンピアンはオリンピアンに負けず劣らず、アスリートであることが分かり、深い感銘を受けました。体当たりの車いすラグビー、水泳、バスケットボール、卓球、バドミントン、陸上競技と躍動する姿に感動しました。水泳で活躍した14歳の山田さんが14歳とは思えないくらいの落ち着きと賢さの応答で魅了されました。素敵なアスリートとその人たちをサポートする人たちが一丸とならなくては、競技に打ち込めないことを実感しました。日本では健常者のサポートはそれなりにされていますが、障害のある人へはまだまだのようです。国を挙げて、競技に打ち込める環境を整えるようになることを願うだけです。わたしもボッチャをしてみたいですね。

15%が障害者であることも知りました。病気、事故で誰しも可能性があるわけです。活き活きした生涯(障害)をすごしたいものです。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME