メニュー

ブログ

Bergen Community Collegeでの思い出(その1 英語について)(2022.05.10更新)

本日、思いがけずお二人から、4月5日からブログが書かれていませんがと言われました。ブログを待っていてくださる方がいらっしゃるのは、心楽しく、励みになります。医療のことでないですが、わたしのアメリカ時代での体験を書きたいと思います。

ニューヨークの隣のニュージャージー州に3年間住んでいました。ニューヨークは今の家賃より安価であったと思います。でも、住居費は高かったですね。

アメリカに行く前に、那覇のYMCAの語学学校に短期間通っていました。話すことはほとんどできず、その時の思い出として当時の大統領、ロナルド・レーガンの発音がどうしても理解していただけることはありませんでした。渡航に必要なVISAを取得するために、アメリカの領事館に出向きました。職員が何を言っているのかわからず、質問にほとんど答えることができませんでしたが、書類だけは整っていたので、何とかJ2 VISAを取得できました。そんなこんなの英語力でアメリカへ。

わたしが住んでいる郡のBergen Community Collegeに通いました。このカレッジは例えるならば大分市立大学(ありませんが)のようなものです。広大な敷地にゴルフ場もあり、広いキャンパスでした。大学で勉強するためには、先ず、英語検定試験を受けました。その学力に応じて、英語のグラマー、リーディング等の講義があり、たくさんの宿題もでました。一日200ワードのジャーナルを書きなさいと言われ、毎日、講義前に提出していました。エッセイとジャーナルの違いをその時に学びました。日本での英語の講義はわからなかったのに、通っている大学での講義は理論的で非常にわかりやすかったです。日本人は、会話は得意ではありませんが、グラマーができたので、結構上のクラスから始まる人が多かったです。これが日本人の特徴でしょう。

つづく

帯状疱疹予防ワクチンについての薬の勉強会(2022.05.10更新)

帯状疱疹について、このブログに何度も書きましたが、来院され治療を受ける方が多かったです。

早く治療すれば、軽く済む方もいらっしゃいますが、広範囲に発疹が出た方は痛みも強く、かなり苦痛を訴えていらっしゃいました。

予防ワクチンについて、HPに掲載していますが、ここでもう一度2種類をお知らせいたします。

「シングリックス」筋肉注射

 50歳以上の方が対象です。2回の摂取で高い予防効果が得られます。

 詳しくは、ホームページの「帯状疱疹ワクチン」をご覧ください。

 

「水痘ワクチン」

 50歳以上の方に有効

 1回の摂取で5年間効果があります。

気になる方はかかりつけ医にご相談ください。

 

片頭痛をコントロールできる薬の勉強会(2022.05.10更新)

わたしは以前、一度だけ片頭痛を経験しました。こめかみの動脈がどくどくし、激しい痛みでした。

片頭痛がきついのをはじめて経験しました。

これまで、は片頭痛には「痛みをとめる治療薬」が用いられてましたが、今回の勉強会での治療薬は、痛みを前もって抑える「発作発現抑制薬」です。

頭痛の回数が多く、生活への資料度が高く、ストレスを抱えていえる方にはこの片頭痛をコントロールすることを推進できます。

飲み薬ではなく、注射です。

片頭痛で悩まれている方は、かかりつけ医にご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME