メニュー

ラグビーワールドカップ 別府の賑わい

[2019.10.19]

昨日、勉強会のため夜別府に出かけました。勉強会のホテルは、外国の方が多く、いつもと違う風景でした。今日は、大分でオーストラリア対イングランドの試合があるので、応援に見えられた方々のようでした。別府はどうなのかなと思い、勉強会後、中心部へ歩いていきました。やよい銀天街を歩いてみると、アーケードいっぱいに外国の人たちが立ちながら、ビールを飲みにぎやかでした。オーストラリアのユニフォームを着ていたした方に、大分で明日応援ですかと尋ねたら、そうですとにっこり。わたしも応援に行きますと話したら、嬉しそうにされていました。大分でのスローガン、ワールドカップは4年に1度ではなく、一生に1度と実感する1ヶ月でした。準々決勝が開催される地方都市は大分だけです。誇らしく思いました。もちろん、わたしは準々決勝2試合に参ります。

ずいぶん昔、別府は観光客でにぎわい、浴衣姿の人々が市内を歩き、にぎわっていました。小さいころの思い出として目に焼き付いています。昨夜は、昔を彷彿させる風景に出会い、心から嬉しく思いましたが、祭りの後の寂しさも感じています。久しぶりに歩くと、若者うけする店もできているようです。努力されているのがわかりました。

残り少なくなったワールドカップの試合を楽しみましょう。全国、世界から来県された方々に感謝です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME